広島市のWeb制作会社。Webマーケティングからシステム開発、インターネット広告までワンストップサービス。

Webest

Service

原稿ブラッシュアップサービス

私たちはWeb制作の現場で、「資料請求」のページや「買い物カゴ」への質の高い誘導が、キャッチコピーや文章力の改善でかなり向上することを経験しています。
どんなに高機能なCMSやカート機能であっても、又十分にSEO対策をしても、伝わらないページは成果が上がりにくいのが現実です。サイトでは商品を手にとってもらうことができません。分りやすく、伝わる文章が実はとても重要なのです。プロのライターの原稿添削を検討してみては如何でしょうか?

ライタープロフィール

長井 坂文(ながい さかふみ)
広島県出身。デザイン事務所、代理店などを経て現在フリー。
入社案内・会社案内、大学案内、カタログ・パンフレット、新聞広告など広告全般、編集、Webなどのコピーライティングに携わる。
  • ケーススタディ1:サイト経由の「資料請求」や「問い合わせ」が増えない

    資料請求のボタンも目立つように全ページに配置されている、登録フォームも入力しやすいものになっている。でも資料請求は増えない。どこを改善すればいいのかよくわからない。
    このような場合、資料請求や問い合わせのページに行く前に最も閲覧されているページ、この誘導ページをブラッシュアップすることで、コンバージョンを向上させます。サイトのゴールへの導線が整備されているにもかかわらず、なかなか成果が上がらない場合、この誘導ページの内容に原因がありそうです。
    伝わりやすい、魅力的な文章になっているか、利用者に疑問を残してしまう言い回しになっていないか、ライターが原稿を添削をいたします。

  • ケーススタディ2:この表現は誇大表示になるのではないか?

    新商品紹介のページ。この内容、誇大表示に該当するのか大丈夫なのかちょっと見て欲しいということありませんか?
    消費者に誤解を与えるような表現は違反広告と判断される場合があります。
    公開する前にライターが原稿をチェックします。

  • ケーススタディ3:LPO(ランディングページ最適化)対策として原稿を添削

    広告配信をしているのに、なかなか成果が上がらない。キーワード選定や表示回数は日々チェックをしているのに、売上につながらない。広告クリック後に表示させるランディングページの最適化対策が十分でないことに原因があるかもしれません。広告費をかけているので、あれも伝えたい、これも盛り込みたいとなって、1番言いたいことがぼんやりしている場合があります。
    1番伝えたいことを伝えるために、ライターが原稿を添削いたします。

添削内容

  • 基本事項:ひらがな・漢字などの誤字・脱字・表示ユレ
  • 元原稿のキャッチコピーや説明文の改善案

WordやサイトのURLを送付してください。

  • 料金
  • ~1000文字まで
  • ¥2,160(税込)
  • ~2000文字まで
  • ¥3,240(税込)
  • ~3000文字まで
  • ¥4,320(税込)
  • 以降1000文字ごとに¥1,080加算となります。(文字単位は千)

お問い合わせから納品まで

  • STEP1.添削希望のデータを送付して下さい。
  • STEP2.改善したい部分について電話やメールでお話をお伺いいたします。
  • STEP3.文字数をカウントしてお見積もりを発行いたします。
  • STEP4.ご入金の確認次第、作業にとりかかります。
  • STEP5.入金確認後3営業日以内にメールにて納品いたします。

秘密保持契約に同意のもと添削を行います。あなたの文章の内容が外部にもれることはございません。
秘密文書も、安心してお任せください。


Contact

資料請求・無料見積・お問い合わせについてはこちらから。

ページトップへ